キャンパス札幌&帯広10月 開催報告キャンパス札幌&帯広10月 開催報告


木々が色づき始め、肌寒さと共に秋の深まりを感じた10月12日(水)、キャンパス札幌&帯広が開催されました。今回のテーマは『若年性脳梗塞の経験とNPO活動〜みんなが社会参加できる地域をめざして〜』と題して、教授にNPO法人みんなのポラリス代表の水口 迅さんをお迎えしてお話をうかがいました。アイスブレイクでの「この秋に食べたい物は?」からついたグループ名は「柿」「栗さんま」「秋のくだもの」でした。

水口さんからのキートークは、卒業大学でもある国立大学法人 帯広畜産大学に入庁した46歳の時に脳梗塞を発症し、翌年には退職せざるを得ない状況に至ったことのお話から始まりました。
その時期は苦しむような辛さを味わい、自暴自棄となる生活をして以後、3度、脳梗塞を再発したそうですが、家族の支えや大切な人との出会いがあって、2017年に『NPO法人みんなのポラリス』を立ち上げることになったそうです。
そこには障がい者に必要なのは『社会参加(外に出る)』であると考え、そのきっかけとなる場を創りたいという想いがあってのことだと教えて下さり、その後、写真をもってさまざまな活動報告をしていただきました!
※詳しい内容は『みんなのポラリスHP』をご覧ください。
また、これからは障がい者に対する無知からくる恐怖心や偏見、心理的ハードルをなくすためにもっと発信していきたいと考えているとのことで、水口さんの今後の動向にも注目していきたいと感じました。

参加者からは「家にずっといらした時期がありながらも現在幅広くご活躍されていることを、心から尊敬いたします」「60歳以下での罹患が社会的、精神的、身体的に多くの困難が伴うということを学びました。また、体の変調に気づくことや、リハビリの大切さは年齢に関係なく、過信せずにこういう情報を経験者から素直に学ぶべきだなぁと思います。価値のあるお話です」「知ること、混ざること、日々の暮らしの中で意識していこうと改めて思いました」「ひきこもられたお話、ご自身の気持ち、負けず嫌いが活動のバネにというようなお話でしたがこうしてお話下さることが本当に素晴らしいと感じました。地域で誰でもみんなが共に生活できる社会をという思いに多いに賛同いたします!」などといった感想が寄せられました。

アフターキャンパス“山わさび・長いも会”では、水口さんから今でも落ち込んだり、不安になることはあるものの、温かく見守ってくれる人のありがたさや、何らかの障がいを抱えた人への対応は決して一人でできるものではなく、人とのつながりの中で変えて(変わって)いけること…それは健常者も障がい者も同じであることなどを参加者の皆さんと共有しました。
教授の水口 迅さん、ご自身の経験を踏まえた貴重なお話と気づきをありがとうございました!また、ご参加の皆さまもありがとうございました。

次回のキャンパス札幌&帯広は11月9日(水)19時半〜です。こちらでまたお知らせ致します♪

~経験とスキルの贈り物~60分のStorytelling vol.4~経験とスキルの贈り物~60分のStorytelling vol.4


皆さん、いつもキャンネットページをご覧頂きありがとうございます。
キャンネットも活動を始め9年目となり、今シーズンは新たにお話を聴く/伝える場を設けました。
その名も「~経験とスキルの贈り物~60分のStory Telling」
色々なご病気や困難さを経験された方、また様々なスキルをお持ちの方にご自身のことを語って頂き、その中から得るものがあることを感じて頂きたい。
また色々な経験/スキルを持った方々が繋がっていき、困った時は相談できる関係性を作る、周囲に困りごとを抱えた方がいらっしゃったら何かしらの手助けが出来たらと思います。
第4回目は十勝勤医協帯広病院/プライマリ・ケア認定薬剤師 山口章江さんにご自身の経験・専門職についてお話して頂きます。
経験したからこその得られた思いがあります。
経験はスキル。
「経験とスキルの贈り物」を受けとりにぜひご参加ください!お待ちしております。
【日時】2022年10月21日(金)20:00~21:00 (開場19時45分)
【会場】オンライン開催 Zoomにて
事前にZoomアプリをダウンロードして下さい
【参加費】 一般参加 500円
キャンバサダー会員
キャンバサダー10 無料
キャンバサダー5 無料
キャンバサダー3 200円
【申込方法】
Peatixのイベントページよりチケットを購入して下さい。お申込はコチラから。

注)Peatix申込時の登録メールアドレスは全てのメール受信可能なものにして下さい。最近Peatixのチケットメールが受け取れない例が発生しております。ご参加のURLはPeatixチケットにてお送りしております。
皆さまが安心して参加できるよう、原則お顔出しでお願いいたします。

ぽっけ医療セミナー『乳がん』ぽっけ医療セミナー『乳がん』

、「ほっけ WEB すぎちゃんの 医療セミナー」というテキストの画像のようです
一雨ごとに寒くなってきて、一歩ずつ雪の季節に近づいている今日この頃。北海道大雪山の山頂はすっかり雪景色に変わっています。
さて、ぽっけではオンラインになってなかなかセミナーを開催する機会が減ってしまっていたのですが、皆さま。お待たせいたしました!!
コロナ禍前に大盛況となっていた杉ちゃんのぽっけ医療セミナーを今月より再開する運びとなりました。
オンライン第1発目は『乳がん』。10月が乳がんの啓発月間となっていることもあり、ぜひ皆さまに乳がんについての色々なことを知って頂きたく選びました。
女性の方はやはり気になる「がん」の1つではないでしょうか?罹患数は少ないですが女性だけの問題ではない、男性でも罹患してしまう「がん」です。
今回は『乳がん』の基本的なところから帯広協会病院 腫瘍内科医 杉山絢子さん(杉ちゃん)が分かりやすくお話くださいます。
初めての方もウェルカム!以前からの杉ちゃん医療セミナーファンの方もまた新しい学びがあると思います。
ぜひご参加お待ちしております。
◉開催日時
令和4年10月25日 火曜日 20時〜21時
◉場所
下記URLをクリックしてお入りください。19時55分より入室できます。(事前にZOOMアプリをダウンロードしてください)
https://us02web.zoom.us/j/84853003541…
ミーティングID: 848 5300 3541
パスコード: 446364
◉参 加 費……無料
◉参加申込……ホームページ下部のContact usお問合せからご連絡いただくか、キャンネットのフェイスブックイベントページの「参加する」をポチっとお願いします。(当日は直接上記URLよりお入りください)
◎お茶を飲みながらもOK、入退出も自由です♪
◎当日は個人情報に含まれることがお話の中で出るかもしれません。各自お部屋の周囲へのご配慮をお願いいたします。
また個人的なお話をすることもある場所となりますので基本的には顔出し、声出しでお願いいたします。
※営利目的の方や、宗教・ネットワークビジネスなどの勧誘目的の方、人の話が聞けずに自らの価値観を押し付ける方の参加は、固くお断りしています。

キャンパス東京&旭川10月 開催のお知らせキャンパス東京&旭川10月 開催のお知らせ


キャンパス東京&旭川10月 『患者参画』~一人一人が社会をつくっていく(市民参加)を考える~
つい先日まで暖かかったのですが、急速に秋が深まり、北海道ではいよいよ一桁の気温も珍しくなくなってきました。そろそろ暖をとるモノが恋しい季節ですが、燃料費も値上げとなっており悩ましいところです。 さて10月のキャンパス東京&旭川は『患者参画』~一人一人が社会をつくっていく(市民参加)を考える~というテーマ。皆さんは「患者参画」という言葉は聞いたことはありますか? 参画とは「政策や事業などの計画に加わること」という意味です。さて、患者参画とはどういうことでしょう? 今回のキートーク講師にはNPO法人 患者中心の医療を共に考え共に実践する協議会 理事長 畑中和義さんをお迎えし、トークテーマ「私たち誰もができる患者参画を目指して」とお話の中でご自身の職歴からご活動のこと、その思いについてお話して頂きます。 そして参加される皆さんと一緒に、「一人一人が社会をつくっていくこと」についてじっくり語り合いたいと思います。

また、終了後(21時〜21時半)はキャンパス東京&旭川恒例の「アフターキャンパス」を開催します。お好きな飲み物・おつまみ(各自ご用意ください。アルコールOKです♬)を用意して、暖簾をくぐってください♡

*WEB開催ではありますが、キャンパスの中ではグループトークや発言の機会もあります。参加される方が安心できるようにZOOMでも原則顔出しをお願いしております☆顔出し、声出し共に難しい方には参加を許可できない場合もございます。難しい方は事前にスタッフへ個別にメッセージを頂けると助かります。

また、イベント中の許可のない動画・写真撮影はお控えください。
(講師、参加者さまを守るためです)
****************************
【日時】2022年10月22日(土)19:00~21:00
【会場】オンライン開催 Zoomにて
事前にZoomアプリをダウンロードして下さい
【参加費】 一般参加 500円
キャンバサダー会員
キャンバサダー10 無料
キャンバサダー5 無料
キャンバサダー3 200円

【申込方法】
①Peatixのイベントページよりチケットを購入して下さい。
コチラから(Peatixのイベントページに移行します)

注意)携帯のメールアドレスでお申込の方はメールの受信設定をご確認下さい。最近Peatixからの返信メールが宛先不明で戻って来ることがあります。返信メールには当日の参加URLが含まれております。

②Peatixでチケット購入ができなかった方は参加費を下記の口座にお振込の上キャンネット事務局(cannet1000@gmail.com)へ標題を【キャンパス参加&振込完了】とし、お名前、お振込金額、メールアドレスをメールして下さい。申込〆切り日時を過ぎますと返信ができずURLがお送り出来ないことがありますのでご注意下さい。

【申込〆切り日】
*口座にお振込の上、キャンネット事務局(cannet1000@gmail.com)へメールの方は
10月21日(金)18時までとします。開催当日はメールの返信できずURLがお送り出来ないことがあります。
*Peatixの方は開催当日10月22日19時までとします。但し、コンビニ / ATM でのお支払いは、2022/10/21で締め切られます。

【振込口座】
みずほ銀行 旭川支店(店番号:814)
普通口座 1155718
口座名義 一般社団法人CAN net

【参加方法】
①Peatixのイベントページよりチケットを購入の方へはご登録のメールアドレスへ当日のZoomのURLをお送り致します。
②口座にお振込の上キャンネット事務局(cannet1000@gmail.com)へ【キャンパス参加&振込完了の旨】メールを下さった方へは明記されたメールアドレスへ当日のZoomのURLをお送り致します。

キャンパスは、普段の仕事や趣味の仲間からだけでは得られない情報や人のつながりをつくりながら、人が生きていくのに必要な「知恵」「判断力」「ヘルプ力」を学べる場です。初めての人でも自然と打ち解けられる場を目指していますので、どなたでも気軽にご参加ください。
いろいろな職業の人や経験をもった人が参加しますので、ちょっと今までとは違う人たちと会ってみたいという方にもおすすめです。学生さんも歓迎です♪

キャンパス東京&旭川9月 開催報告キャンパス東京&旭川9月 開催報告

キャンパス東京&旭川9月 開催報告

今年は10月になってもまだ暖かい日が続きました。北海道には少しづつ秋がやってきていて、大雪山旭岳の紅葉は見頃を先週辺りに迎えていました。これから一雨ごとに寒くなってくるので、体調を崩さないよう美味しいモノを食べて備えたいですね。
先月24日のキャンパス東京旭川9月は「人生の『壁』にぶつかったときどうする?~人生の困難時の対応力から社会を考える~」というテーマで総勢15名の参加者さまと一緒に考えました。
今回のキートークの講師は乳がんサバイバー/株式会社パソナ 官公庁第1事業部 細谷 美弥さんをお迎えし、「治療と仕事と介護の両立~あなたの壁の乗り越えポイントは?~」ということで、ご自身の経験された困難や辛さについて、またその時にどう対応したか?をライフラインチャート(人生曲線)を用いてお話頂きました。
誰でも今までの人生の中で大なり小なりの『壁』と呼べるライフイベントの経験があると思います。
大きさが大きいほど乗り越える時には困難さや辛さも大変になると思います。
今後も『壁』にぶつかる時は来ると思いますが、これまでの経験から乗り越え方や対応の仕方を知っていると良いのですが、毎回そうだとは限りません。
今回の講師の細谷さんは大きな『壁』がほぼ同時に3つやってきて、辛い思いもされたけれど、その時のヘルプ力(助けてと言える力)、対応力により乗り越えそしてその経験から新たな目標を見つけて本業、本業以外の活動に取り組まれております。
参加者さまからは
・自分のライフラインチャート、ぜひ書いてみます!
・ライフラインチャートは1本の線で描くのではなく、様々なイベント別で多層化することにより自身を客観的に分析できる
・いかに乗り越えるエネルギーを獲得できるかが大事。細谷さんが介護問題では少し先手を打たれていたこと、(親に)運転をやめてもらうための説得の仕方を聴いて、病気よりは準備・対策ができることなので自分もやっていかなくてはと思った
・複数のライフイベントが重なる方はいて自身もそうだが、その時はただ必死で後から振り返るとよく通り抜けられたなと思うような期間であった。目標ができて人とのつながり、他の団体とのつながりができてくると一気に上がっていくところも同感。味覚障害の「味を思い出して食べた」話はとても印象的だった。介護サービスの申請や運転をやめてもらう説得、様々な「嫌だ!」への対応の仕方、とても参考になった。
などのお話を頂きました。
今回の細谷さんは親御さんの介護に直面する前に介護について知る機会があり、その経験から実際に直面した時に迷うことなく相談できる場所や人を選択することが出来、自身の病気と重なっていても『壁』を少しだけ低くすることが出来たのではと感じました。ご自身の病気治療の時も医療従事者との関係性を大事にし、自身の治療の副作用のことで盛り下がった時に声掛けしてもらったことで気分を変えることが出来ました。
普段生活していて、いきなりやってくる『壁』イベント。その時に何も知らない、分からないでは不安もあってさらにどうする?の判断力に困難さが増すと思います。
自分らしく生きるために。『壁』にぶつかる前に、様々な経験された方のお話や社会資源について知っておき、各々にはどのような専門家がいて、どう繋がっておくか?は本当に大事だと感じました。
毎回キャンパスでは色々な方を講師にお招きし、自身の経験から得たことや専門的なお話を頂いておりますが、このような経験や自身のスキルを教えて頂けることで様々な方々が「助けて!」と声を上げられるようになることに深い感謝を覚えます。
今回のキャンパスも深い気づきと学びを得ることが出来ました。
次回のキャンパス東京&旭川は10/22(土)19時~
『患者参画』~「一人一人が社会をつくる」を考える~
というテーマで行います。
ぜひご参加お待ちしております。
12人、空、テキストの画像のようです
12人、テキストの画像のようです

WEBCANpath札幌&帯広9月 開催報告WEBCANpath札幌&帯広9月 開催報告


10月になりました。紅葉が始まり、初冠雪のニュースも間近だと思っていたのですが富士山の方が早かったみたいですね。異例の高気温の北海道です。熊の冬眠も時期がずれるのでしょうか?熊さん大変!
さて、ここからは9月14日に開催しましたWEBキャンパス札幌&帯広を振り返ってみたいと思います。今回のテーマは『重度障がいがある人が地域で生活することで生まれる相互作用』と題して、教授:みんなのポラリス理事・元東京パラリンピックのNHK障害者キャスター・リポーターの千葉絵里菜さんにキートークをして頂きました。アイスブレイクでついたグループ名は「e-sports」「ほんわか」「ハード」でした。

キートークの中ではご自身も小児期から重度障がい者として車いすで生活をし、日常的に介護サービスを利用されている様子をお話下さいました。千葉さんは大学入学を機に親元を離れて一人暮らしを始められました。重度障がいがある人が「自立生活をすること」そもそも「自立とは?」ということをJIL(全国自立生活センター協議会)の自立の理念を引用されて説明して下さいました。千葉さんはその中で「すべてを自分の決断と責任でやっていくことであり、危険を冒したり、過ちを犯す自由であり、自立した生活をすることによって、自立生活を学ぶ自由でもある」という所が好きですとお話されたのがとても印象的でした。続いて、地域で暮らすことを大切にされている千葉さんが現在利用されている重度訪問サービスについてご自身のケースをもとに「こうやってヘルパーさんに指示を出します」と具体的な例をお聴きしました。制度について、利用できる時間も住んでいる市町村によって異なること、ヘルパーさんの人数や環境、年齢にも地域性があったと地元以外での一人暮らし体験もとても興味深かったです。そして、家族よりも長時間一緒に過ごすヘルパーさんとの関係がとても重要とのことでした。千葉さんいわく「ヘルパーは自分自身の性格を表す」、ヘルパーを育てることも当事者の役割であると。いつもサポートしてもらうばかりでなく、自分にできることはないだろうか?、ヘルパーさんの話を聞くことや、自分と居るときは楽しい時間であって欲しいと思っているそうです。そうあるためには、相手のことを良く知る必要があり、お互いに信頼できる存在でありたい、利用者が守ってあげないといけない存在であるとおっしゃられ、ヘルパーさんとの相互作用からWIN&WINな関係を築きたいと締めくくられました。

後半のグループワークでは「自分を見つめる大切さについて考えることは相手を思いやる気持ちだったり、相互作用に繋がるのかな」「障害のある方と介護する方の対等に気が付かせていただきました」「相手を知ることで相互作用も大きく変わることに気づきました」「まだまだ介護する側・される側と心のバリアが自分の中にあったことに気づかされました」「障がいを持つ方に声をなかなかかけられていない自分に気づき、声を掛けられる自分でありたいなと思いました」などたくさんの学び、気づきがありました。
当日は体調が優れずご本人はいらっしゃいませんでしたが、事前に録画してくださっていて、本当にその場でキートークをされている様でした!千葉さんの相手を思いやる気持ちがこめられた、お人柄を感じさせる場面が随所随所にあり次回は直接会ってお話したいです!というお声もありました。
教授の千葉絵里菜さんたくさんの気づきと学びをありがとうございました!また、ご参加の皆さまもありがとうございました!

次回のWEBキャンパス札幌&帯広は10月12日(水)19時半〜「若年性脳梗塞の経験とNPO活動~みんなが社会参加できる地域を目指して~」がテーマです。教授はNPO法人「みんなのポラリス」代表の水口迅さんです。ぜひお待ちしております♪

WEBCANpath札幌10月のお知らせWEBCANpath札幌10月のお知らせ


【テーマ】「若年性脳梗塞の経験とNPO活動~みんなが社会参加できる地域を目指して~」

北海道では一雨ごとに寒さが増して、秋が深まってきました。早くも雪虫を見たという噂もちらほら。
10月のキャンパス札幌&帯広は、NPO法人「みんなのポラリス」代表の水口迅さんをお招きして、ご自身の若年性脳梗塞の経験から立ち上げた患者会の活動と、障がいを持つ人の社会参加が当たり前の地域にするための展望についてお話を伺います。トーク後のグループディスカッションでは、病気や障がいがある人もない人も、専門職の人も一緒に生きる場をつくるにはどうしたらよいかについて参加者同士で考えます。
初めての方も大歓迎です。どうぞ、お気軽ご参加ください。

*WEB開催ではありますが、キャンパスの中ではグループトークや発言の機会もあります。参加される方が安心できるようにZOOMでも原則顔出しをお願いしております☆顔出し、声出し共に難しい方には参加を許可できない場合もございます。難しい方は事前にスタッフへ個別にメッセージを頂けると助かります。

また、終了後はキャンパス札幌恒例の「zoom山わさび・長いも会」を開催します。お好きな飲み物・おつまみ(各自ご用意ください。アルコールOKです♬)を用意して、暖簾をくぐってください♡
****************************
【日時】2022年10月12日(水)19時30分~21時00分
【会場】オンライン開催 Zoomにて
事前にZoomアプリをダウンロードして下さい
【参加費】 一般参加 500円
キャンバサダー会員
キャンバサダー10 無料
キャンバサダー5 無料
キャンバサダー3 200円
*お得に参加できるキャンバサダー制度もございますのでご検討下さい。

【申込方法】①②のいずれかでお申し込み下さい。
①下記のPeatixのイベントページよりチケットを購入して下さい。注)Peatix申込時のメールアドレスは全てのメールが受信出来るように設定されたメールアドレをご記入下さい。Peatixからのチケットが届かない例が発生しております。
お申込はコチラから(Peatixサイトへ)

②Peatixでチケット購入ができない方は参加費を下記の口座にお振込の上、キャンネット事務局(cannet1000@gmail.com)へ標題を「キャンパス参加&振込完了」とし、お名前、お振込金額、メールアドレスをメールして下さい。
【振込口座】
みずほ銀行 旭川支店(店番号:814)
普通口座 1155718
口座名義 一般社団法人CAN net
【参加方法】
①Peatixのイベントページよりチケットを購入の方へはご登録のメールアドレスへ当日のZoomのURLをお送り致します。
*Peatixの方は開催当日10月12日19時半までとします。但し、コンビニ / ATM でのお支払いは、2022/10/11 で締め切られます。

②口座にお振込の上キャンネット事務局(cannet1000@gmail.com)へ「キャンパス参加&振込完了の旨」メールを下さった方へは明記されたメールアドレスへ当日のZoomのURLをお送り致します。10月11日18時までにメールをお送り下さい。当日はメールが確認出来ずURLをお送りできないことがございます。パソコンからのメールを受信出来るように設定をお願い致します。
注)Facebookイベントページで参加表明だけではZoomのURLをお送りすることができませんのでご注意ください。

キャンパス東京&旭川9月 開催のお知らせキャンパス東京&旭川9月 開催のお知らせ

説明がありません

9月に入り気温の高い日でも夏の日差しのような肌のジリジリはなく 気持ちの良い時期となりました。秋の味覚もゾクゾクと登場し、梨やブドウ、サツマイモや栗など今時期の旬をしっかり楽しみましょう。

今月のキャンパス東京&旭川は「人生の『壁』にぶつかったときどうする?~人生の困難時の対応力から社会を考える~」 です。

人は一生の間に様々なイベントがあります。受験や就職、結婚、病気などなど。 その全てがスムーズに過ごすこともあれば、困難さを伴うこともあるかと思います。困難を向き合う時、どのような気持ちになる?どう対応していく? 考えなきゃいけないことがあっても気持ちが沈んでうまく考えられないこともあるかと思います。 今回のキートークの講師にはご自身が病気になった時に親御さんの介護や病気についても向き合うことになった 乳がんサバイバー/株式会社パソナ 官公庁第1事業部 細谷 美弥さんをお迎えし、自身と親の病気や介護についてどのように思い、考え、どう行動したかをお聞きしたいと思います。 そしてグループワークにてご自身や周囲の方たちが困難にぶつかったときどんな対応ができるか?ぶつかっても自分らしく生きられるために社会に必要なものは?を考えていきたいと思います。

初めての方もリピータの方もぜひぜひご参加お待ちしております♡

*WEB開催ではありますが、キャンパスの中ではグループトークや発言の機会もあります。参加される方が安心できるようにZOOMでも原則顔出しをお願いしております☆顔出し、声出し共に難しい方には参加を許可できない場合もございます。難しい方は事前にスタッフへ個別にメッセージを頂けると助かります。
また、イベント中の許可のない動画・写真撮影はお控えください。
(講師、参加者さまを守るためです)
●注意●
Facebookイベントページで参加表明だけではZoomのURLをお送りすることができませんのでご注意ください。【申込方法】①②のいずれかでお申し込み下さい。
お手数をおかけしますがご理解のほどお願い致します。
また、終了後(21時〜21時半)はキャンパス東京&旭川恒例の「アフターキャンパス」を開催します。お好きな飲み物・おつまみ(各自ご用意ください。アルコールOKです♬)を用意して、暖簾をくぐってください♡
****************************
【日時】2022年9月24日(土)19時00分~21時00分
【会場】オンライン開催 Zoomにて
事前にZoomアプリをダウンロードして下さい
【参加費】 一般参加 500円
キャンバサダー会員
キャンバサダー10 無料
キャンバサダー5 無料
キャンバサダー3 200円
 
【申込方法】
①Peatixのイベントページよりチケットを購入して下さい。
お申込みはコチラから
注意)携帯のメールアドレスでお申込の方はメールの受信設定をご確認下さい。最近Peatixからの返信メールが宛先不明で戻って来ることがあります。返信メールには当日の参加URLが含まれております。
 
②下記の口座にお振込の上キャンネット事務局(cannet1000@gmail.com)へ標題を【キャンパス参加&振込完了】とし、お名前、お振込金額、メールアドレスをメールして下さい。申込〆切り日9月23日(金)18時までに口座にお振込の上、キャンネット事務局(cannet1000@gmail.com)へメールでご連絡ください。開催当日はメールの返信できずURLがお送り出来ないことがあります。
【振込口座】
みずほ銀行 旭川支店(店番号:814)
普通口座 1155718
口座名義 一般社団法人CAN net
 
【参加方法】
①Peatixのイベントページよりチケットを購入の方へはご登録のメールアドレスへ当日のZoomのURLをお送り致します。
②口座にお振込の上キャンネット事務局(cannet1000@gmail.com)へ【キャンパス参加&振込完了の旨】メールを下さった方へは明記されたメールアドレスへ当日のZoomのURLをお送り致します。