【第17回With You Hokkaido 2023 ~あなたとブレストケアを考える会~】に参加しました!


今年は異例の猛暑が続いている北海道です。そんな暑さにもめげず、2023年8月19日(土)札幌医科大学記念ホールにて第17回With You Hokkaido 2023 ~あなたとブレストケアを考える会~ テーマ『コロナ後のWith You Hokkaido』が4年振りにリアル開催され、一般社団法人CAN netとして初☆ブース出展をし、仲間とともに参加しました! これまでも札幌プロジェクトの北海道医療美容研究会(医美LABO北海道)は参加しており、今年も医美LABOメンバーが久々に集いブースを盛り上げていました♪

この第17回With You Hokkaido 2023 ~あなたとブレストケアを考える会~では、参加者の方々もグループワークに参加したり、ホール1階ではピアサポートグループのブース出展があったり、下着メーカーさんのブースや製薬企業さんの試供品・スキンケア情報の提供があったりと久々のリアル開催は”直接相談ができる””経験者のお話を直接聞くことができる””実際に手に取って見ることができる””生地の肌触りを実際に体験出来る””知らなかった情報に出会うことができる”そして何よりも”みんなの笑顔がたくさんあって、一人ではないということがわかる”が一番なのかなぁと会場で感じました(*^_^*)

少し会の様子をご報告しますね♪

◎ピアサポートグループ   ブース出展 (全部の画像がなくてすみません!)
北海道医療美容研究会(医美LABO北海道)
エピテーゼ
乳房再建体験者によるピアサポート倶楽部 「re-breast」
Luxia(ラクシア)子育て中にがんになったお母さん(お子様が20歳まで)を対象にしたがんサロン
ボランティア団体「ひだまりの杜」 (タオル帽子など無償提供)
Pink Ring北海道支部 (若年性乳がんサポートコミュニティ)
とかち女性がん患者の集い プレシャス (入浴着の啓発・普及)今回はパンプレットの提供をして下さいました
一般社団法人CAN net (病気になっても、ならなくても、自分らしく生きる社会をつくる)

今回は乳がん・ブレストケアに特化したイベントでしたが一般社団法人CAN net も参加させて頂きました。「病気になっても、ならなくても、自分らしく生きる社会をつくる」という理念のもと道内外の札幌・旭川・帯広・東京で活動をしております。乳がんに関わる勉強会やピアサポートグループとの連携、毎年恒例の「医療×美容 Christmas Festa」では見た目ケアの啓発・普及も行ってきました。今回のブース出展では、札幌は医療×美容(見た目ケア)、旭川はコミュニティる〜むぽっけ(コミュニティ型地域サロン)、帯広は社会的処方マップ、東京は経験はスキル(患者スピーカーバンクビギナー研修会 in 札幌)を紹介させて頂きました。今回も道内各地、札幌市内で活動されているピアサポートグループの方々とご一緒でき、今後も共に活動していきたいと改めて感じました。コロナ禍でオンラインでしかお会いできなかった方々にも対面することがきて、とても感激しました♪

◎グループワーク(各部屋に分かれてレクチャ&質疑応答があったようです)
「なんでもコーナー」  医師・看護師・経験者と参加者との双方向の相談など
「見た目ケア(アピアランスケア)」 メイク方法や自宅でできるセルフケアなど
「遺伝性・若年性乳がん」 「治療中の仕事や経済的な悩み」
「手術後の不安・治療」 「乳房再建」
「リンパ浮腫」 「再発後の不安・治療」

また、講演では『看護師と歩む乳がん治療 〜ひとりで悩んでいませんか?〜』横山紀江先生(札幌医科大学附属病院 乳がん看護認定看護師)、『よくわかる乳がん治療の最前線』島宏彰先生(札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 講師)のお話しを伺い、道内、札幌で身近にこういう先生方がいらして、治療を受けることができるというのが分かるととても心強いなぁと思いました。リアルでの講演はまさに「顔が見える」「その人の温かみや熱意が伝わってくる」というのが最大の利点ですね!
講演の後にはCAN netでもお世話になっている清水八恵さん(Breast Cancer Yoga インストラクター)によるリラックスヨガで会場の皆さんも凝り固まった体をギューッと伸ばし、笑いありの心と体がほぐれるひとときでした。

そして、各地のWith You報告ではコロナ禍もオンラインで開催を続けていた地域の開催報告もされ、各地でその時にできること、オンラインでのメリットもあるけれどリアルでないとできないこともありますね。医療現場が大変な最中にも試行錯誤&奮闘されていた様子が伺えました。

最後にWith You Hokkaido代表の亀嶋秀和先生(大通り乳腺・甲状腺クリニック)から「4年振りのリアル開催ではあえて身近にいる、地域の看護師や医師に講演を依頼しました」とお話しされたのがとても印象的でした。遠くに居る有名な先生のお話より、身近に居る、場が有る、ピアサポートグループが有ると実感できた有意義な会であったと思います! 地域でブレストケアを考える良い機会を作って下さったWith You Hokkaidoの役員の皆さまに感謝申し上げます(^^)

関連記事

社会的処方マッププロジェクト記念講演 西岡大輔先生 開催報告社会的処方マッププロジェクト記念講演 西岡大輔先生 開催報告

令和5年1月21日(土)、CANnet社会的処方マッププロジェクト記念講演として「つながりの力と社会的処方 あなたに出会ったから救われた人がいる」と題して、西岡大輔先生を講師にお迎えし、ご講義いただきました。 開演に先立 […]