カタログギフトPj アーカイブ - CAN netスタッフのブログのブログ記事

こんにちは。
CAN netの東京メンバーに新しく加わった中野洋子と申します。
NPO法人・二枚目の名刺のサポートプロジェクト第二期の3ヶ月間を振り返ってみました。

何で病気に無関心でいられるんですか。

人は誰でも死にますよ。

致死率は100%じゃないですか。

サポートプロジェクトを振り返って一番印象的な
CAN net代表の杉山さんの言葉です。

心理学者のアルフレッド・アドラーの
次の言葉を想起しました。

他人のことに関心を持たない人は

苦難の人生を歩まねばならず、

他人に対しても大きな迷惑をかける。

人間のあらゆる失敗は、

そういう人たちの間から生まれる。

人間関係であれ、仕事であれ、
無関心はどこか他人事になります。

サポートプロジェクトの参画当初、
私にとってサポートプロジェクトは他人事でした。

身内がよく病気や入院をしてるし、

CAN netの理念を理解したつもり・・・

お見舞いギフトブックの良さを理解したつもり・・・

「つもり」では自分の言葉でこのプロジェクトの良さを
他者に説明できず、まさしく失敗を生みました。

何度もサポートプロジェクトメンバーで疑問をぶつけ合い、
いろんな視点で病気について考えることができました。

病気に縁がある人/病気に無縁な人

医療関係者/会社員/学生

男性/女性

未婚/既婚

父親/母親/子供

視点が変わると同じ経験をしても考え方も受取り方も変わります。

サポートプロジェクトを通じて、病気になったときの自分をイメージしたり、
病気になった人に対してどうするかを真剣に考えた経験は
まさしく、病気に対するスキル向上であったと思います。

CAN netの理念は『病気になっても自分らしく生きられる社会を実現する』

決して、がんや病気になった方の支援団体ではなく、

がんや病気による多種多様な経験・スキルを持った人達の想いをつなぎ、

理念を実現する社会をみんなで一緒に作っていくのがCAN netです。

サポートプロジェクトはお見舞いギフトブックを世に生む準備で終了しました。

実際に世に生まれ、私同様、
お見舞いギフトブックを通じて、病気について考え、
病気に対するスキルを向上する人が一人でも多く増えますように・・・☆

 

=============================

=   クラウドファンディングにご協力をお願いいたします!!    =

=============================

入院者とお見舞い者の心をつなぐ「ギフトブック」を世に出したい!

https://readyfor.jp/projects/5875

=============================

【残り19日 達成率53%】

プロジェクトの達成に向け、引換券にも人気商品追加いたしました!

目標金額は150万円、12月28日23:00まで支援の募集を行います。

=============================

*クラウドファンディングとは?
インターネット上で行う資金調達の仕組みです。
インターネットを通じてたくさんの人々に少額の資金提供を呼びかけ、
目標額に100%まで到達した場合のみ、
そのプロジェクトの実行が決定するというものです。
公開期間終了までに目標金額が集まらないと
1円も入らない仕組みとなっております。
このプロジェクトをより多くの方に知っていただくために、
ぜひ「シェア」や「いいね!」で拡散していただけないでしょうか?
みなさまの応援が、力になります。

どうぞ、ご協力よろしくお願いします!!

スクリーンショット-2015-12-09-1.07.20

みなさん こんにちは。
CAN net札幌運営スタッフの高橋美穂です。

「虫歯の治療 全部終わったら○○ちゃんの好きな水族館に連れて行ってあげるから 頑張るんだよ」

私は そんな母と子の微笑ましい光景を見ながら 現在歯科医院で歯科衛生士として働いています。

4年前に 左胸の乳がんを告知され 仕事を続けながらの治療。

左胸の全摘、抗がん剤治療、乳房再建まで長期から短期を入れると 今まで7回入院しました。

今は 病気になる前よりも元気に活動してますが、初めての入院は 例えようのない寂しさと不安がありました。

小さな乳腺外科のクリニックに入院したのですが デイルームには 私のような初めての入院の人から 抗がん剤治療をしている人まで 様々な人たちが不安やつらさを話していて みんな様々な悩みを打ち明けていくと「私もそうよ!」と みんな乳がんと一生懸命戦ってるんだと思うと自分も頑張れる気がしてここまでくる事ができました。

当時30歳の私でしたが 乳がんの話は 年齢も上下関係も関係なく 時間を忘れて話していました。

同じ経験をした人の話は 今までも、そしてこの先も私の励みになると思います。

冒頭の親子のエピソードのように 私も治療の区切りがついた時に 頑張った「ご褒美」を自分にあげていました。

この抗がん剤治療が終わったら 行きたかった旅行に行こうとか 今日の病院の帰りに 近くのおいしいパン屋さんでパンを買って帰ろうとか…

大きなご褒美から ほんの些細なご褒美まで。

頑張ったら ご褒美があるのは大人になっても励みになり嬉しいものです(^^)

今回 CAN netが企画している「ギフトブックプロジェクト」。

病気体験者の声と 自分へのご褒美が詰まった勇気と元気と明日へのパワーがぎっしり詰まった素敵なギフト。

どうか どうか実現できますように みなさん応援お願いします!

 

【入院中に「つながり」と「わくわく」を届けるギフトをつくりたい!】
『お見舞いギフトブック』の制作に「150万円」が必要で、CAN netではクラウドファンディングに挑戦中です。皆さま、どうかご支援・ご協力をお願いします!

https://readyfor.jp/projects/5875

 

こんにちは。
理事・事務局長の千葉です。
最近悩まされている腰痛もなんのその、先日小学生の姪っ子・甥っ子たちとディズニーランドへ行ってはしゃいできました。

今回は、NPO法人 二枚目の名刺「サポートプロジェクト」第2期が始まったタイミングということもあり、こちらについてブログを書いてみようと思います。

この二枚目の名刺という団体、そしてこのサポートプロジェクト、とても面白い取り組みなんです。まずは団体とサポートの仕組みのご紹介から。

二枚目の名刺とは、「社会活動をおこなう2枚目の名刺を持つ社会人を増やすことで、社会を変えていこうとする」非営利団体です。

社会人が持つ本業の1枚目の名刺に加えて、社会活動をおこなうNPOなどの名刺を2枚目の名刺として持つのですが、大変ありがたいことに、その協働先としてCAN netを選んでいただいております。今回3〜4ヶ月の期間限定のサポートプロジェクトに、20~40代の社会人の方6名が加わってくださいました。

今回のメンバーは大企業や有名な企業にお勤めの方が多く、その中には実際にご自身や家族が病気を経験されたり、なんと僕の前職で関係のある方もいらっしゃいました(まさに運命・・笑)。

第1期のときは、メンバー一人ひとりが主体性とリーダーシップを発揮して、素晴らしいチームワークの中で本当に良いアウトプットを出してくださいました。2枚目の名刺を持つ社会人である彼らメンバーは、1枚目の名刺である本業にも活きるスキル・経験を得て、イキイキとしていました。そんな第1期メンバーからバトンを受けて、先日第2期がスタートしました。

今回の第2期メンバーにお願いするのは、CAN netで開発をおこなっている「お見舞いギフトブック」のマーケティング施策の立案についてです。

入院・お見舞いシーンは、入院する側もお見舞いに行く側も困っているんです。でも、既存のサービスだけでは、ニーズは満たされていません。そこで考えた「お見舞いギフトブック」なのですが、まだ市場が出来ていません。必要な人たちに価値を届けるために、まだ見ぬ顧客に想いを馳せて、みんなで知恵を絞って、市場を顕在化させていけるよう頑張りたいです。

個人的な話になりますが、僕自身の入院から、ちょうど5年が経ちました。入院当時の様々な経験から「お見舞いギフトブック」の構想が始まっています(看護師さんつかまえてブレストに付き合っていただいたことも・・)。歳月が流れて、このように形になっていくプロセスは感慨深いものがあります。

掲載商品のアイディアや手伝ってくださる方、大募集中です!
これからも応援よろしくお願いします^^
NPO法人 二枚目の名刺
http://nimaime.com/

 

スクリーンショット-2015-09-06-16.30.36