• HOME
  • 無料相談室
  • CAN netブログ
  • 入会手続きへ

ご予約・請求履歴パスワード変更など


  • がんに関する意識調査
  • 提携先組織のご紹介
  • 同じ経験の方とお話する場~がんサロンのご紹介~
  • イベント・勉強会の様子
  • メディア掲載実績
  • ギフトリー

【開催案内】7月20日(金)キャンパス旭川

キャンパス旭川は、7月20日(金)に開講します。
今回は『体のこと』について学びます。

いつも参加してくださっている方。
初めて参加してくださる方。
お友達やご家族とちょっと参加してみたいわ!という方。
下の開催案内をご覧の上、イベント参加ボタンをポチッと押して頂けると幸いです。よろしくお願い致します(^o^)

【テーマ】
「オストメイトから内部障害を学ぶ」

人工肛門・人工膀胱を知っていますか?

普段私たちは自然に尿意を感じたら排尿し、便意を感じたら排便しています。
ところが大腸がんや膀胱がんなどで腸の一部や膀胱を失ってしまったら、排尿・排便はどうなるのでしょう?

新しい排泄経路として人工膀胱、人工肛門を造設した場合、どんな困ったことが起こるのでしょう?

ケアの方法は?
生活上で気をつけなきゃいけないことは?

今回のキャンパスは人工膀胱・人工肛門を造設された体験者や皮膚・排泄ケア看護師の方からお話を聞きたいと思います。

そして、排泄の障害以外の内部障害についても考えたいと思います。
皆で色々な障害を持った方もそうじゃない方も生きやすい社会を一緒に考えてみませんか?

インタビュー:オストミー協会
関口陽介さん
講師:WOC(ウォック)相談室すずらん
皮膚・排泄ケア認定看護師 小野寺有香さん

初めて参加の方も1人でのご参加の方も大歓迎です。
キャンネットスタッフ一同お待ちしております。
不安な方は、キャンネットスタッフまでご連絡ください。
皆さんのご参加お待ちしております♪

***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***
【日時】7月20日(金)19時〜21時(18時30分開場)
【アフターキャンパス】終了後〜21時45分
*キャンパスの後、お時間の許す方で意見交換をする場として開放しています。学びの余韻が残る中、お茶でも飲みながら学びを深めてみませんか♪

【会場】 旭川市市民活動交流センター CoCoDe研修室1
【参加費】500円
【定員】25名
【申込締切】7月19日(木)
【申込み方法】 ①office@can-net.jpへメール ②Facebookイベントページで参加 ③ホームページからお申込み
***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***
CAN netでは、「がん・病気」の事前学習として、社会人が楽しく生きるために必要な知識や心構えを学ぶ『キャンパス(CAN path)』を定期開催しております。大学のキャンパスのように学びたい人たちが集い、がん・病気になっても「できる(CAN)」につながる「道(path)」になるようにという想いを込めています。この『キャンパス』では、医療者でも医療者でなくても、病気を経験した人もまだ経験していない人もがフラットに集えるサードプレイスとして、『がん・病気になっても自分らしく生きられる社会』をつくっていくことをねらいとしています。

がん・病気」の事前学習として、①体のこと、②心のこと、③社会
的なこと、④生き方のことについて、みんなで知恵や経験を持ち寄ってそれぞれ学びを深めています。

『キャンパス』で得られる3つのもの
(1)学び(サードプレイスでの“越境学習”)
(2)仲間(想いをもち、多様な経験・スキルをもつ仲
(3)アクション(職場ではできないことにチャレンジする機会)

病気を経験した方へ。
あなたの経験がみんなの役に立ちます
専門的な知識が知りたい方へ。
専門家の方から知識を得ることができます。
医療関係者の方へ。
普段とは異なるフィールドの話が聞けます。
これまで病気とは無縁だった方へ。
病気はライフステージのひとつです。あなたが学ぶことが、あなたと周囲の人たちの将来への備えになります。

※ワークやセミナーでは感想などをお聞きする場面がありますが、無理にコメントする必要はありません。(パスできます。)
※営利目的の方や、宗教・ネットワークビジネスなどの勧誘目的の方、人の話が聞けずに自らの価値観を押し付ける方の参加は、固くお断りしています。
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

PAGE TOP