• HOME
  • 無料相談室
  • CAN netブログ
  • 入会手続きへ

ご予約・請求履歴パスワード変更など


  • がんに関する意識調査
  • 提携先組織のご紹介
  • 同じ経験の方とお話する場~がんサロンのご紹介~
  • イベント・勉強会の様子
  • メディア掲載実績
  • ギフトリー

【活動開始のご案内】CAN netお針子チーム『リヤン』(多地域)

2017年9月に誕生した、お針子ボランティアのチームを紹介します!

名前は『リヤン(Lien)』
フランス語で「つながり、絆」という意味です。

縫い物を通じて人やコミュニティと繋がり、参加してくれる人たちそれぞれが「自分らしく生きられる社会を紡ぎだせるような場」としてつくりました。お住いの地域は問いません。

住んでいる場所が離れていても、使える時間帯がバラバラでも、いま、この場所で活動できる。これが、お針子チーム『リヤン』の特徴です。

医療・介護・福祉に関連するフィールドでの社会貢献を目指しています。

順風満帆な暮らしをしているときには無自覚なものですが、病気になったとき、大切な人や物を失いそうになったとき、人は身体や心を保護するために布を纏(まと)い、自分の意思を伝えるために色や文様といった装飾を施す文化を育んできました。

そういう点から、医療・介護・福祉の場で布製品の扱いが話題になるのも頷けます。

CAN netには、病気の経験からお裁縫が必要だった人、ちくちく縫うことで気持ちが落ち着く人、お裁縫のスキルを活かして誰かの役に立ちたい人、さまざまな想いをもった仲間が集まっています。

現在、札幌メンバーのリラさん、旭川メンバーのむっちゃん&おゆきの3人で運営をスタートし、他団体から依頼を受けた衣類を縫いながら今後の体制を整えるべく試運転中です。

運営体制が軌道に乗るまで今しばらく時間を要しそうですが、ゆくゆくはCANnetを通じてお針子ボランティアさんの募集や他団体との繋がりを広げていきたいと思っています。

今後、活動の様子や参加メンバーの感想をレポートしてまいりますので、リヤンの活動に興味・関心をお持ちの方は、どうぞご注目を~♪

写真は、現在のお針子活動:早産・流産・新生児死で旅立つ赤ちゃんの産着とおくるみ製作です。

PAGE TOP