• HOME
  • 無料相談室
  • CAN netブログ
  • 入会手続きへ

ご予約・請求履歴パスワード変更など


  • がんに関する意識調査
  • 提携先組織のご紹介
  • 同じ経験の方とお話する場~がんサロンのご紹介~
  • イベント・勉強会の様子
  • メディア掲載実績
  • ギフトリー

【開催案内】9月22日(土)キャンパス東京

【認知症ケアから、一人ひとりの尊厳を大切にする社会を考える】
~「思い出ブック」を使って、自分らしさを取り戻す~
 

「回想法」という言葉をご存知でしょうか。

昔の写真を見たり、思い出を語ることで記憶を引き出し、脳の働きを活発にする心理療法です。
この回想法を使った認知症ケアに取り組んでおられる早稲田大学加瀬研究室(老年社会福祉学)
山村正子さんを講師にお招きいたします。

 
認知症の方の「思い出ブック」を作ることにより、自分らしさや人間関係を回復し、尊厳のあるケアにも繋がる効果があります。
そのような認知症ケアを学ぶだけでなく、実際に「思い出ブック」を作る体験型ワークを通し、相手を理解するコミュニケーションや自分らしさについても改めて考えます。
 
【内容】
1.オープニング
2.自己紹介&グループトーク①
3.山村正子さんセミナー「認知症ケアから考える自分らしさ」
4.グループワーク「『思い出ブック』を作ってみよう」
5.グループトーク②

6.クロージング

【講師紹介】

早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員 社会福祉士 山村正子さん 

***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***
【日時】9月22日(土)18時~20時30分(17時30分開場)
【会場】コラボオフィス“mingle”
〒108-0014東京都港区芝4丁目7-1 4階
【参加費】1,000円 *キャンバサダーは無料/割引あり
【定員】20名
***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***

CAN netでは、「病気」の事前学習として、社会人が楽しく生きるために必要な知識や心構えを学ぶ『キャンパス(CAN path)』を定期開催しております。病気を経験した人もまだ経験していない人もがフラットに集えるサードプレイスとして、『病気になっても自分らしく生きられる社会』をつくっていくことをねらいとしています。

『キャンパス』で得られる3つのもの
(1)学び(サードプレイスでの“越境学習”)
(2)仲間(想いをもち、多様な経験・スキルをもつ仲
(3)アクション(職場ではできないことにチャレンジする機会)

病気を経験した方へ。
あなたの経験がみんなの役に立ちます。

専門的な知識が知りたい方へ。
専門家の方から知識を得ることができます。

医療関係者の方へ。
普段とは異なるフィールドの話が聞けます。

これまで病気とは無縁だった方へ。
病気はライフステージのひとつです。あなたが学ぶことが、あなたと周囲の人たちの将来への備えになります。

※ワークやセミナーでは感想などをお聞きする場面がありますが、無理にコメントする必要はありません。(パスできます。)

※営利目的の方や、宗教・ネットワークビジネスなどの勧誘目的の方、人の話が聞けずに自らの価値観を押し付ける方の参加は、固くお断りしています。

皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

PAGE TOP