• HOME
  • 無料相談室
  • CAN netブログ
  • 入会手続きへ

ご予約・請求履歴パスワード変更など


  • がんに関する意識調査
  • 提携先組織のご紹介
  • 同じ経験の方とお話する場~がんサロンのご紹介~
  • イベント・勉強会の様子
  • メディア掲載実績
  • ギフトリー

【開催案内】7月21日(土)キャンパス東京

世界一わかりやすい障害年金のおはなし
〜障害年金の現場最前線〜

障害年金とは、病気やケガで生活や仕事などが制限される場合、受け取ることができる国の公的な年金です。
もしもの時に役に立つもので、誰もが必要になるかもしれない制度なのに、残念ながらあまり制度自体が知られていないのが現状です。

今回のキャンパスでは、障害年金に関する相談対応を多くされている社会保険労務士の相川裕里子さん(AI(アイ)コンサルティング)に、現場の最前線のおはなしをしてもらい、さらに申請に困ったという経験者や現場の医療者の視点を交えて、学びたいと思います。

障害年金は身体疾患だけでなく、うつ病なども対象となることがありますので、企業の方にも有益な内容です。

【内容】
1.オープニングトーク「障害年金に関する困ったこと」
2.セミナー「世界一やさしい障害年金のおはなし」(社会保険労務士 相川裕里子さん)
3.「障害年金」クロストーク(社労士 相川さん×病気経験者×医療者)
4.ワークショップ

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

<社会保険労務士 相川裕里子さんのご紹介>
AI(アイ)コンサルティング(社会保険労務士事務所)を夫婦で経営。
日本女子大学文学部卒業。ぴあ㈱、カストロール㈱の人事部勤務を経て、社会保険労務士事務所に9年勤務、年金相談手続き3,000件超の経験を積む。

  • 近著『世界一やさしい障害年金の本』(学研プラス)
  • TV「情報ライブ ミヤネ屋」年金特集に専門家として出演
  • 日経新聞や中日新聞に、障害・老齢年金のコメント掲載
  • 現在、中日新聞(東京新聞) 木曜暮らし欄で「知って得する社会保障」連載中

☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆

【日時】7月21日(土)18時~20時30分(17時30分開場)
【会場】コラボオフィス“mingle”
〒108-0014東京都港区芝4丁目7-1 4階
【参加費】1,000円 *キャンバサダーは無料/割引あり
【定員】20名
【申込締切】7月21日(土) 17時(お申し込みなしで当日お越しいただいても構いません)
【申込み方法】 ①office@can-net.jpへメール ②Facebookイベントページで参加(https://www.facebook.com/events/609980352706054/

☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆

CAN netでは、「病気」の事前学習として、社会人が楽しく生きるために必要な知識や心構えを学ぶ『キャンパス(CAN path)』を定期開催しております。病気を経験した人もまだ経験していない人もがフラットに集えるサードプレイスとして、『病気になっても自分らしく生きられる社会』をつくっていくことをねらいとしています。

『キャンパス』で得られる3つのもの
(1)学び(サードプレイスでの“越境学習”)
(2)仲間(想いをもち、多様な経験・スキルをもつ仲
(3)アクション(職場ではできないことにチャレンジする機会)

病気を経験した方へ。
あなたの経験がみんなの役に立ちます。

専門的な知識が知りたい方へ。
専門家の方から知識を得ることができます。

医療関係者の方へ。
普段とは異なるフィールドの話が聞けます。

これまで病気とは無縁だった方へ。
病気はライフステージのひとつです。あなたが学ぶことが、あなたと周囲の人たちの将来への備えになります。

※ワークやセミナーでは感想などをお聞きする場面がありますが、無理にコメントする必要はありません。(パスできます。)

※営利目的の方や、宗教・ネットワークビジネスなどの勧誘目的の方、人の話が聞けずに自らの価値観を押し付ける方の参加は、固くお断りしています。

皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

▼講師の相川さんの著書『世界一やさしい障害年金の本』▼

PAGE TOP