• HOME
  • 無料相談室
  • CAN netブログ
  • 入会手続きへ

ご予約・請求履歴パスワード変更など


  • がんに関する意識調査
  • 提携先組織のご紹介
  • 同じ経験の方とお話する場~がんサロンのご紹介~
  • イベント・勉強会の様子
  • メディア掲載実績
  • ギフトリー

【開催案内】5月10日(水)キャンパス札幌

5月のテーマ「ダブルケアから学ぶ」

みなさん「ダブルケア」ってご存知ですか?
「ダブルケア」という言葉から、どんなことを想像しますか?

「介護」と「子育て」という2つのケアをダブルに行うことを「ダブルケア」と言うそうです。
晩産化、超少子化、高齢化により、親への介護に加えて自分の子供の育児を同時に対処しなければならない方が増えているとのこと。
介護だけでも、子育てだけでも大変な中、両方が同時に行わないといけない場合に、どのような大変さがあるかご存じでしょうか?
ケアをする側の圧倒的な時間のなさ、調べたり聞いたりする時間がないためになんとか一人で頑張ってしまい、ケアをする人もされる人もみんなで疲弊をしていくということも起こることにもつながっていきます。
どんな介護や育児のサービスがあるのか知っている、ダブルケアの問題について知っている人が増えることで、今必要な人に届くようになるのかもしれません。

また、「ダブル」の「ケア」は、病気で治療中(自身のケア)の人の子育て・介護などもあてはまります。正解はない問題に対して、現状を知り、今後どうするか、そういったことに関わりがある人もない人も一緒に考えていきたいと思います。
キートークは、ダブルケアの経験者でアドバイザーの野嶋成美さんにその現状、体験談を語っていただきます。ご自身のダブルケアの経験からは、たくさんの気づきや学びがありとても楽しみです! また、ダブルケアの経験者、子供とお母さんのサポーター、訪問看護師さん達によるパネルディスカッション形式の議論もあります。今回は、「介護」と「育児」の両方についての現在あるサポートについても学べるお得な時間にもなりそうです♪
医療や介護のお仕事をしていない方も、お気軽にお越しくださいね。
参加がはじめての方でも、緊張しないで参加できるように、メンバーがサポートさせていただきます♪

【日時】2017年5月10日(水)
19時00分~21時00分
(18時30分開場)
【会場】札幌エルプラザ
【参加費】500円
【定員】30名
【申込締切】2月12日(日)
【申込方法】①office@can-net.jpへメール、②Facebookイベントページで参加ボタンを押してください
***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***
CAN netでは、「がん・病気」の事前学習として、社会人が楽しく生きるために必要な知識や心構えを学ぶ『キャンパス(CAN path)』を定期開催しております。大学のキャンパスのように学びたい人たちが集い、がん・病気になっても「できる(CAN)」につながる「道(path)」になるようにという想いを込めています。この『キャンパス』では、医療者でも医療者でなくても、病気を経験した人もまだ経験していない人もがフラットに集えるサードプレイスとして、『がん・病気になっても自分らしく生きられる社会』をつくっていくことをねらいとしています。
「がん・病気」の事前学習として、①体のこと、②心のこと、③社会的なこと、④生き方のことについて、みんなで知恵や経験を持ち寄ってそれぞれ学びを深めています。
『キャンパス』で得られる3つのもの
(1)学び(サードプレイスでの“越境学習”)
(2)仲間(想いをもち、多様な経験・スキルをもつ仲間
(3)アクション(職場ではできないことにチャレンジする機会)
病気を経験した方へ。
あなたの経験がみんなの役に立ちます。
専門的な知識が知りたい方へ。
専門家の方から知識を得ることができます。
医療関係者の方へ。
普段とは異なるフィールドの話が聞けます。
これまで病気とは無縁だった方へ。
病気はライフステージのひとつです。あなたが学ぶことが、あなたと周囲の人たちの将来への備えになります。
※営利目的の方や、宗教・ネットワークビジネスなどの勧誘目的の方、人の話が聞けずに自らの価値観を押し付ける方の参加は、固くお断りしています。
皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

PAGE TOP