こんにちは

マツケイコですm(_ _)m

CAN net札幌メンバーであり、ウイック相談員のいる美容室「アウル」というお店をやっています。

私はウイックを取り扱い、ご相談に応じては出張したり、日々美容師として勉強中であります。

そんな私も自分のお店をオープンさせて

早1年半近くになりました。

ありがとうございます

私のウイックをオススメするポイントは

生活環境にあわせて必要な時に準備するのはいかがでしょうか

という事です。

ウイック選びで気をつける点としては、

以前は脱毛が始まる前に準備をしておきましょうと言うのが一般的でした。

しかし近頃は取り巻く環境が少しずつ変化しています。

休職できたりするからです。

というわけで 今すぐ全頭ウイックが必要だという状況ではないのではと

少なからず考える次第です。

もちろん個人差はございますし

生活もあります。

会社の状況もあります。

すぐに社会に復帰したい、通院で治療しようなどでウイックを購入する場合はいままでの生活に溶け込むことも必要です。そのような時はカットなどで自分の落ち着ける長さにすると気持ちも安定します。

他には、入院も長期に渡れば気になるところ白髪など女性ならカモフラージュするためにもいいと思います

急に親戚の集まりがあり知られたくない

お子さんの入学式など行事と重なってしまう場合もありますね。

本当に生活環境にあわせて準備してはと思います。

体調にもよりますがお店に来てもらったり、私が出張したりも可能です。

ウイックを触り実感してもらい試着して 一度で決めなくてもいいのです。

こんな感じかと頭の片隅に置いておくだけでも安心かと思います。

ケア帽子に関しても売店で購入するとみんなおそろいになるのよねという声も聞きます。試着だけでもかまいません。

帽子につける付け毛パーツなどもご用意ございますのでご利用ください。

脱毛後の毛が復活したときのウイックを卒業するまでの手順としては

頭頂部の伸びるスピードが周りよりも遅いし赤ちゃんです。

一度美容室で前髪頭頂部に合わせてカットされるとバランスが整います

全頭ウイック以外の方法が出番です。

襟足もみあげがショートくらいの長さがあれば頭頂部の部分ウイックに移行出来ます。

そうすると早く全頭ウイックを卒業できます。

ネットで購入できる昨今ですが

年齢問わずさわって見て決めるのがいいなあと思います。

もちろんお取り扱いも一緒に実習いたします。

実際にウイックを使って困り事相談としていろいろありますが、

ぜっぺきの方は脱毛時後ろについているアジャスターをキツメルト上がってきてしまうので逆にゆるめるといいです。

メガネさんの方は普段からもみあげがぴょんと浮いてる人はかけ方要注意です。

こめかみあたりからメガネの柄を下へ滑らせるようにするといいです。

頭の小さい方はウイックが耳にかぶってくるのでこめかみあたりを少しつまんで縫うといいんです。

などなど細かいことは使ってみて気づくことがたくさんありますが、その都度ご連絡頂けたらと思います。

話はかわりますが

山形県のように治療中の方のウイックに助成金を出している取り組みもありますが、まだまだ全国に広がってはいません。

私がとり扱う製品は金銭的負担を少しでも減らすためというウイックの構造価格設定です。

時間とエネルギーも使いますが

まずはお気軽にお問い合わせください。

よろしくお願いいたします

アウル マツケイコ

http://www.owl-matsu.com/

img_0596