合宿3本目のブログです。

④の地域交流フリータイムテーマは「自分らしさとは?」

メンバーが地域ごとにバラバラになるように組み合わせして

グループごとに意見をまとめ発表。自分らしいとは、CAN netの

理念にも登場する言葉です。それぞれの思う自分らしさ・・・

他人から見るあなたらしさ。違う視点からみると新しい自分自身の発見にもなりました。

そして、1日目ラストの学び!「デザインで伝える」

報告担当は札幌のリラこと熊谷良枝です。

===

デザインで伝える!~ 誰でもデザイナー入門 ~ 

ライター:熊谷良枝(通称リラ)

 

初日、最後の学びは、『デザインで伝える!』でした。

講師の木野村博人(ヒロト)さんは、Art Director/Designerであり、メンバーの名刺やキャンバサダーカードなどCANnetの総合デザインにも関わってくれています。そして、永久会員まどかさんの旦那さまでもあります。

そんなご縁で今回は講師として初登場。デザイン専門学校の先生もしているので、とても分かりやすく説明して下さいました。

 

内容はデザインにおける4つの基本原則を学び、実際にフライヤーを作成してみる!

4つの基本原則

  • コントラスト

はっきりと違わせる事が重要

興味を持たせる効果がある

  • 反  復

繰り返す

面白味を加えるが、やりすぎ注意

  • 整  列

すべてのものを意識的に配置する

洗練されたものに中央揃えはない

  • 近  接

関連する項目をまとめてグループ化する

空間にも意味がある

を使えば、誰でも素敵なフライヤーが作れる!

 

4つの基本原則の講義を受けて、さあ実践です。

作成するのは、キャンパス東京の12月「塩とがん」のフライヤーです。

見本とトレーシングペーパー片手に、みんな夢中になりました。

Key wordは、空間をおそれない! 強弱をおそれない!!

構図やレイアウトをマネするのはOK! でも、デザインまでマネしちゃうと、2020年東京オリンピックに。

結果、個性あふれる作品がたくさん出来ました。

博人さん、ひとつひとつの作品に丁寧なコメントをありがとうございました。

目が止まる!

分かりやすい!

興味が湧く! 

そんな一目瞭然のフライヤーはCANnetの今後の広報には大きな力になります。

CANnetの活動、仕事やプライベートでも、重要だけど難しい❝情報は整理して伝える❞

をデザインを通して学べた貴重な時間でした。

また、小さな楽しみも教えていただきました。

これから、ポスターやフライヤーを見かけたら、基本原則を楽しく探してしまいます♡