合宿 アーカイブ - CAN netスタッフのブログのブログ記事

合宿3本目のブログです。

④の地域交流フリータイムテーマは「自分らしさとは?」

メンバーが地域ごとにバラバラになるように組み合わせして

グループごとに意見をまとめ発表。自分らしいとは、CAN netの

理念にも登場する言葉です。それぞれの思う自分らしさ・・・

他人から見るあなたらしさ。違う視点からみると新しい自分自身の発見にもなりました。

そして、1日目ラストの学び!「デザインで伝える」

報告担当は札幌のリラこと熊谷良枝です。

===

デザインで伝える!~ 誰でもデザイナー入門 ~ 

ライター:熊谷良枝(通称リラ)

 

初日、最後の学びは、『デザインで伝える!』でした。

講師の木野村博人(ヒロト)さんは、Art Director/Designerであり、メンバーの名刺やキャンバサダーカードなどCANnetの総合デザインにも関わってくれています。そして、永久会員まどかさんの旦那さまでもあります。

そんなご縁で今回は講師として初登場。デザイン専門学校の先生もしているので、とても分かりやすく説明して下さいました。

 

内容はデザインにおける4つの基本原則を学び、実際にフライヤーを作成してみる!

4つの基本原則

  • コントラスト

はっきりと違わせる事が重要

興味を持たせる効果がある

  • 反  復

繰り返す

面白味を加えるが、やりすぎ注意

  • 整  列

すべてのものを意識的に配置する

洗練されたものに中央揃えはない

  • 近  接

関連する項目をまとめてグループ化する

空間にも意味がある

を使えば、誰でも素敵なフライヤーが作れる!

 

4つの基本原則の講義を受けて、さあ実践です。

作成するのは、キャンパス東京の12月「塩とがん」のフライヤーです。

見本とトレーシングペーパー片手に、みんな夢中になりました。

Key wordは、空間をおそれない! 強弱をおそれない!!

構図やレイアウトをマネするのはOK! でも、デザインまでマネしちゃうと、2020年東京オリンピックに。

結果、個性あふれる作品がたくさん出来ました。

博人さん、ひとつひとつの作品に丁寧なコメントをありがとうございました。

目が止まる!

分かりやすい!

興味が湧く! 

そんな一目瞭然のフライヤーはCANnetの今後の広報には大きな力になります。

CANnetの活動、仕事やプライベートでも、重要だけど難しい❝情報は整理して伝える❞

をデザインを通して学べた貴重な時間でした。

また、小さな楽しみも教えていただきました。

これから、ポスターやフライヤーを見かけたら、基本原則を楽しく探してしまいます♡

ライター:斉藤志織(通称しーちゃん)

CAN netアドバイザーのお二人がゲスト講師。

本業以外にファンドレイザーであり、男声合唱団員など多彩な顔を持つ奥山大介さん(大ちゃん)、そしてNPO運営サポート「あの屋」を主宰している佐藤綾乃さん(あのさん)のお二人の素敵なハーモニーで始まりました!

(アラジンよりA WHOLE NEW WORLD)

きちんと声を出すには姿勢は大事!みんなで正しい姿勢をとった後はハッピーバースデーを大合唱しました。

うっとりするお二人のハーモニー大合唱

そして声の出し方、話す内容について大ちゃんよりポイントをお話していただき、その点を踏まえてワークに入りました。

CAN netのこれからを考えるために

ミッション:実現するための方法~どうしたら良い?

ビジョン:目指す社会~こうなったらいいな

この2点を背景に「CAN netと自分自身」というお題でワークです。

二人一組となり、〈活動に参加したきっかけは?役割は?活動に対する思い〉の洗い出しを各個人で行い、その後インタビュータイムとして制限時間1分で話し手聞き手に分かれてお互いの思いをプレゼンしました。短時間でも姿勢、声、話す内容を整えれば気持ちは伝わると実感でした。

最後に共有タイム皆さんの前で2人のうちのどちらかの思いを相方がプレゼンし本人が一言を発表しました!

二人一組でインタビュープレゼン中

今回大ちゃん、あのさんに教えていただいたことを胸に刻み、今後、色々な方に様々な取り組みやセミナーを通してCAN netの思いを伝えていきたいと思います!!

CAN netスタッフ合宿2017①

| 合宿 |

早いもので8月の半ばです。
みなさん、いかがお過ごしですか?

子どもたちは夏休みにワクワクでしょうか?

CAN netも5期目に突入!北から旭川・札幌・東京と各3拠点で活動していますが、

なかなか皆が顔を合わす機会がありません。そんな中、年に一度6月に「合宿」という形で学びと交流の時間を共有しています。今年も12日で、札幌の南にある「芸森スタジオ」(有名なアーテイストさんがレコーディングに使用している静かな山の中)で外部講師の方も交えながら、より濃い時間を()過ごしました。その時の様子を数回に分けてぜひ皆さんにもご紹介したいと思います。

今年のメニューは

1日目】

①自己紹介「私の成分表」「好きな言葉」

②地域交流タイム「私の地域の強みと弱み」

③アドバイザー奥山&佐藤さんによる「声と姿勢とミッションビジョン」

④自分らしさとは「地域交流フリータイム」

⑤デザインで伝える

⑥懇親会+○×クイズ旭川(あっかん、ともちゃん、しーちゃん薬剤師チーム)札幌(ふくちゃん、リラ医療美容チーム)東京(まこっちゃん)

2日目】

○×クイズ(旭川介護チーム)

CANnetについて→すぎちゃん

⑧ソーシャルセクターの動き→千葉ちゃん

⑨ヨコちゃんのSNS講座→ヨコちゃん

○×クイズ(ちぇぶらユキさん、弁護士こんちゃん)

⑩自分プレゼン(私の生い立ち、私の原体験、団体のビジョン/戦略/目標、私と団体の一致点)

参加者はこんなにたくさんの仲間たち!

旭川:赤木史宏・高田友子・斉藤志織・岡未魚子・松野健一・吉田ひとみ

札幌:杉山絢子・笹島加奈美・原政代・福良聖子・熊谷良枝・長谷川慶子

   鈴木輪花子・高橋純子・今野佑一郎・岡本輝久

東京:千葉直紀・小林真・清水純子・中野洋子・島崎 菜穂子

ゲスト:奥山大介・佐藤綾乃・小林ゆき・木野村博人  (敬称略)

今回は参加した各拠点メンバー(斉藤・笹島・熊谷・長谷川・小林真)で、合宿の様子や内容を文章にまとめました。

「へぇ~、そんなことしているんだ」「面白そうだな」「自分も参加してみたい」

などと感じていただけたら嬉しいです。

1日目のスタートは、①自分の成分表と好きな言葉を入れながら自己紹介。

札幌エルプラザで、『北海道で強くあたたかい組織を増やす実行員会』に混ぜてもらって、CRファクトリー呉さんがファシリテートをおこなう中でおこないました。

同じCAN net活動をしていてもリアルに顔を合わせるのは初めてな方ばかり。

(ここで距離をグーンと縮めました)さらに②で地域交流タイム。地域の強みと弱みについて考えました。現在地域でやっている活動や自慢できる部分、運営や広報などの困りごとの洗い出し。そのうえで他地域との情報交換をしました。強みと弱みがわかることが解決策にもなり、違う視点からの意見をもらうと「なるほど!」につながりました。

ここから、場所を芸森スタジオに移して③の開始です。

様子を紹介してくれるのは旭川のしーちゃんこと斉藤志織です。

(次回へ続く・・・)