• HOME
  • 無料相談室
  • CAN netブログ
  • 入会手続きへ

ご予約・請求履歴パスワード変更など


  • がんに関する意識調査
  • 提携先組織のご紹介
  • 同じ経験の方とお話する場~がんサロンのご紹介~
  • イベント・勉強会の様子
  • メディア掲載実績
  • ギフトリー

よくあるお悩み相談

  • がんと診断された・・・頭が真っ白。どうすればいいの?
  • 夫ががんと診断された。どうやって接すればいいか分からない。
  • 余命数ヶ月と宣告された。残された妻と子どもが困らないように準備したい。
  • がんになった友人のために出来ることは?正しいネットの情報は?
  • 長期の治療でお金が必要。仕事はどうなる?これからの生活が心配・・・
  • 抗がん剤の副作用で脱毛するの?経験者の話を聞いてみたい。

 がん・病気になった時、それまでの生活では出会わなかった出来事や問題と向き合わなくてはいけなくなることがあります。自分一人で考えても答えがでないこともありますし、気持ちが落ち込んでしまうこともあります。
 
 そんな時、ちょっと人に聞いてもらったりすると、気持ちが整理されて楽になり、前へ進めることがありませんか?CAN netでは、カウンセラーなどの担当者がじっくりお話しを伺います。どうぞ、気軽に、ご連絡をしてください。(メールで申し込みをしていただき、時間の調整を行わせていただきます)

 また、同じように自分や家族・大切な人が、がん・病気を経験された方もたくさんいらっしゃいます。彼らと関わった医療関係者もたくさんいます。自分にとっては初めてのことでも、もしかしたら誰かが似たような経験をしていて、ちょっと良い情報やアドバイスがあるかもしれません。
「こんな事で・・・」と思わず、一人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

 CAN netに寄せられた、ご相談の一部を下記にご紹介いたします。病気を経験されている方達だけでなく、色々な職業の方達もそれぞれ悩み事やちょっと相談したいことがあります。

相談に対するお答えは、絶対正しいというものはなく、一人一人の状況でちがってきますのでここでは載せておりません。気になる内容がありましたら、お問合せください。

 ☆他の情報源や相談窓口のご紹介
 CAN net以外でも、がんに関わる疑問に対する色々な知恵を手に入れることができます。web上では、静岡がんセンターのホームページhttp://cancerqa.scchr.jp/)に、沢山の質問に対する答えが用意されています。
 
 また、あなたが通院されている病院や地域の
「がん相談窓口」「相談支援センター」
(http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/)や、
対がん協会が行っている「相談窓口」
(http://www.jcancer.jp/consultion_and_support/)でも直接電話で質問することができます。
 
 あなたらしい生活ができるように、どうぞ周囲の知恵や情報を活用してください。
 もし、迷った場合には、CAN netで同じような想いをもつ色々な職業の人たちが相談にのらせていただきます。

ちょっと聞きたい医療のこと

「自分や家族・大切な人が病気と診断されてしまった・・・」
  • がんと診断された。・・・頭が真っ白。どうすればいいの?
  • 夫ががんと診断された。どうやって接すればいいか分からない。
  • がんになった友人のために出来ることは何かない?
「たくさん情報はあるけれど・・・、どれが自分にとって大事?」
  • インターネットの情報はどれが正しいの?
  • 治療を行う病院は今のところで本当に大丈夫?
  • 親戚ががんになった。地域の良い病院は、どうやって探せばいいの?
「病気と付き合うっていうけれど・・・」
  • 入院・治療すると今までの生活が出来なくなると不安な母親がいる。
  • 10年前に治療が終わったが、今も再発が不安。どうすればいい?
  • 日中在宅独居の父の誤嚥が心配。それを防ぐにはどうすればいい?
「病院や医療関係者との付き合い方も、結構、悩む・・・」
  • 主治医の先生が冷たい。どうやって関係を作っていったら良い?
  • 病院の相談窓口に主治医への不満が言いづらい。関係が悪化する?

担当の患者さんに紹介したい生活のこと

「医療関係者も、できるだけ患者さんの希望をかなえたいと思っています」
  • 担当の患者さんが、ペットがいるため入院できないと言っている。短期のペットシッターやお世話をしてくれる人・場所はどこで見つけたらいい?(医師)
  • 旅行に行きたといいつつ諦めてしまっている患者さんがいる。手伝ってくれる旅行会社はあるのでしょうか?(看護師)
  • 治療費や借金のことで悩んでいる患者さんと家族がいます。どこで相談したら良いのでしょうか?弁護士さんに相談するのは高額なの?(医療事務)
  • 病気がきっかけで閉じこもりがちな患者さんが心配。その方の興味がもてる楽しみや活動の提案を行いたい。(ソーシャルワーカー)
  • 一人暮らしの患者さんが、コンビニ弁当やカップラーメンばかり食べている。安くて手間のかからないヘルシーな料理を紹介したい。(薬剤師)
  • 終末期のお父さんの介護が続き、介護疲れになっている娘さんが心配。娘さん自身のケアと生活と介護の両立について良いアドバイスやサポートはない?(看護師)

私が使いたい生活のこと

「病気になっても自分も家族も毎日生活していかないといけないです。」
  • 余命数ヶ月と宣告された。残された妻と子どもが困らないように、しっかりと準備をしたい。(がんの診断をされた方)
    →遺言書や相続のこと、ご存じですか?弁護士・司法書士・行政書士に相談することができます。
  • 長期の治療って、こんなにお金が必要なの!?仕事も休むし、これからの生活はやっていけるかしら?(がんを診断された方と家族)
    →職場とのやり取りでの悩み(誰に相談したらよい?仕事を辞めなくてはいけない?辞めさせられてしまう?)法律家や社労士に相談することができます。
    →治療後の生活はやっていけるか不安な場合など、ファイナンシャルプランナーに相談することができます。

あなたの経験を次の誰かへ

「ご自身やご家族の病気を通じて、たくさんの経験をされたと思います。その経験を、同じ思いをされている方にお伝えいただけませんか?」
  • 抗がん剤の副作用で脱毛するの?経験者の話を聞いてみたい。(がんの診断をされた方)
  • 母を看取ったこの経験を活かしたい。自分にできることはありますか?(がんで亡くなられた方のご子息)
  • 子どもの世話、親の介護、民間の家庭支援のサービスは高額。家事関係で使用できるサービスは?(長期入院をする方)
  • 持ち家があって、将来的に売って高齢者用のアパートに行くのかどうするのか、いつがよいのかなど悩むが、これをどこに相談したらよいか分からない。(がんの診断をされた方)

組織の壁を超えた連携

「専門外の情報へのアクセスは、なかなか難しい場合も多いのではないでしょうか。今まで使っていた組織や医局のコネクション以外にも、CAN netのネットワークでより良い情報を得ることができます。」
  • 発達障害の方ががんで入院した。いつも通りの対応でよいのか自信がない。専門家のアドバイスが欲しい。(看護師)
  • 若い女性の方が抗がん剤治療をしなければいけない。この地域でできる不妊の具体策は?(医師)
  • 神経難病の患者さんへ提供できるテレビ以外の楽しみはありますか? (訪問看護師)
  • 担当の方から、「自分の命がもう長くないと思う、遺産相続の件などどこに相談したらよいの?」と聞かれて答えられなかった。(薬剤師)
  • 「尊厳死のことは、どこに聞いたらよいの?」と聞かれて、答えられなかった。(薬剤師)

多職種の気軽な情報交換

「医療関係でない職業の方でも、病気を持った方と関わる事があります。その時、病気の事は分からないからとシャットアウトせず、お話しを聞いてくれたらとても嬉しいです。」
  • 自分の美容院のがんを持ったお客さんがウィッグのカットで来院。ひとつしか無いため、手入れが大変なので、安い物をもうひとつ買おうか迷っている。ウィッグリサイクルの団体を紹介したい。(美容師)
  • 遺言作成で関わっているお客さんが葬儀の費用のことで不安を抱えている。その人に合った葬儀に関する実際の情報につなげたい。(行政書士)
  • クライアントの方からの相談で、いろいろな病院・医師との関係を聞く。どの医者も自分のところの治療を良く言うが、もっと中立的な意見、選択肢を知りたい。また、その選択をサポートするための情報があったら良いなと思う(ファイナンシャルプランナー)
  • 仕事で関わる子供(精神障害・発達障害)、精神科疾患を持つ方との対応方法などが分からないことがある。これらの専門家にすぐ聞けたらよいと思う(弁護士)
  • 役所・福祉との連携は多いが、病院との関わりがない独居の高齢者の病状が聞けなくて困っている。(弁護士)
  • 担当のお客さんが、病気になって会社との関係で悩んでいる。弁護士や社労士を紹介したい。(美容師)

PAGE TOP