• HOME
  • 無料相談室
  • CAN netブログ
  • 入会手続きへ

ご予約・請求履歴パスワード変更など


  • がんに関する意識調査
  • 提携先組織のご紹介
  • 同じ経験の方とお話する場~がんサロンのご紹介~
  • イベント・勉強会の様子
  • メディア掲載実績
  • ギフトリー

【開催案内】6月28日(金)キャンパス帯広

★社会人の生きるを学ぶ場 CANPath 帯広 第2回開講のご案内★

帯広2回目のテーマは、「もしも、自分のことが決められなくなったら~意思決定・成年後見を学ぶ~」です。

人生は、選択と決断の連続。「今日、何食べる?」から、「どこで住む?」「どんな仕事をする?」など日常生活のこともあれば、「もしも、病気になった時、どんな治療をする?」ということもあります。自分のことを自分で決められない状況になることって想像できますか?例えば、年齢や事故・病気で認知症になった時、意識がなくなった時。また、体や心の調子がとても悪い時にも自分で決めることが難しくなることもあるでしょう。精神や知的な障がいをもった方も、普段のことは決められても、難しい判断を一人でするのは難しいこともあります。
そういう場合、あなただったら、誰に代理で考えて決めてほしいと思いますか?家族・友人・第3者など。それぞれの良さや気をつけた方が良いこともありますが、いざ、その時にとならないと考えて準備することも少ないのが現状です。そうなった時に家族として困ったり、医療者や福祉関係者など支援をするお仕事の方も困ったり‥という経験もした方もいるのではないでしょうか。今回は、自分ごととして、「もしも、自分のことが決められなくなった時」を考えて、どんな方法があるのか、どんな課題があるかを考えていきます。
今、その役割を社会として考えて作っている「成年後見」に関わっている行政書士の鈴木政昭さん、医療ソーシャルワーカーの田巻憲史さんのセミナーと色々なお仕事や経験をもつ参加者のグループワークを通して、学んでいきたいと思います。難しいテーマを分かりやすく・楽しく・自分に役立つように学んで、人のつながりも作れるのがCANpathの魅力です。
どうぞ、お気軽にご参加くださいね!

**********
一般社団法人 CAN netでは、毎月 旭川・札幌・東京で、社会人が生きるに必要なことを学び、実際に困ったときに助け合える人とのつながりを作っていくために約2時間のワークショップ CANPath(キャンパス CAN=できる に Pathつながる道という意味の造語)を開催しています。
2019年度からは、素敵な運営メンバーが集まり、帯広でも開講していきます。
「生きる」を学ぶって・・・?難しそう?
そんなことはありません。ここは、本業とも家庭でもないもう一つの場「サードプレイス」。
否定されたり批判されたりしない、あたたかな雰囲気の中で、様々な経験者の声や現場での専門家たちの話と参加者同士の話から、楽しく・明るく、でも明日からの自分にちょっと役立つことを学べます。職業や年齢に制限はなく、人の話を聞いて学びたい人は誰でも大歓迎です♪
毎回違う内容で、興味のある会だけの参加の方も、毎月1回学びに来られている方もいらっしゃいます。もちろん、運営メンバーでのご参加も大歓迎!参加して興味をもったらお声がけくださいね。

【テーマ】「もしも、自分のことが決められなくなったら~意思決定・成年後見を学ぶ~」
【日時】2019年6月28日(金)
19時00分~21時00分
(18時30分開場)
【会場】十勝プラザ 研修室403
【参加費】500円
【定員】36名
【申込方法】①office@can-net.jpへメール、②Facebookイベントページで参加ボタンを押してください
**☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆**
CAN netでは、「がん・病気」の事前学習として、社会人が楽しく生きるために必要な知識や心構えを学ぶ『キャンパス(CAN path)』を定期開催しております。大学のキャンパスのように学びたい人たちが集い、がん・病気になっても「できる(CAN)」につながる「道(path)」になるようにという想いを込めています。この『キャンパス』では、医療者でも医療者でなくても、病気を経験した人もまだ経験していない人もがフラットに集えるサードプレイスとして、『がん・病気になっても自分らしく生きられる社会』をつくっていくことをねらいとしています。
「がん・病気」の事前学習として、①体のこと、②心のこと、③社会的なこと、④生き方のことについて、みんなで知恵や経験を持ち寄ってそれぞれ学びを深めています。
『キャンパス』で得られる3つのもの
(1)学び(サードプレイスでの“越境学習”)
(2)仲間(想いをもち、多様な経験・スキルをもつ仲間)
(3)アクション(職場ではできないことにチャレンジする機会)
病気を経験した方へ。
あなたの経験がみんなの役に立ちます。
専門的な知識が知りたい方へ。
専門家の方から知識を得ることができます。
医療関係者の方へ。
普段とは異なるフィールドの話が聞けます。
これまで病気とは無縁だった方へ。
病気はライフステージのひとつです。あなたが学ぶことが、あなたと周囲の人たちの将来への備えになります。
※営利目的の方や、宗教・ネットワークビジネスなどの勧誘目的の方、人の話が聞けずに自らの価値観を押し付ける方の参加は、固くお断りしています。
皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

PAGE TOP