• HOME
  • 無料相談室
  • CAN netブログ
  • 入会手続きへ

ご予約・請求履歴パスワード変更など


  • がんに関する意識調査
  • 提携先組織のご紹介
  • 同じ経験の方とお話する場~がんサロンのご紹介~
  • イベント・勉強会の様子
  • メディア掲載実績
  • ギフトリー

【開催案内】4月22日(金)キャンパス旭川

≪開催案内≫
【テーマ】「認知症にやさしい地域づくり」

自分や家族が認知症になったときの生活って想像できますか?
認知症は突然色んな事が出来なくなる訳ではなく、少しずつ日常生活でのできない事が出てきます。
でも、「自分らしく住み慣れた地域で暮らしたい」という思いは、かわりませんよね。

そこで、今月のキャンパス旭川では、「認知症にやさしい地域づくり」をテーマに、 認知症の方が在宅で暮らすためのサポートについて「在宅ケアや介護サービス」「地域づくり」「見守り」について考えていきたいと思います。

「どんなケアやサービスがあるの」「何か私にもできることは」?などの疑問の解決や認知症にやさしい地域づくりの知識や実践者からの事例を通じてその思いを共有したいと思います。

企画では次のような疑問が出ています。・・家族はどんなサインを見つけたときに気をつけると良いの?、社会的サポートが入るタイミングは?、自宅で生活する時に使える社会資源ってどんなものがあるの?、医療介護の専門職ではない地域で支えている人たちはどう考えているの?など、・・

参加する皆様といっしょに、認知症にやさしい地域づくりについて、自分ごととして考え、楽しく学ぶワークショップにしたいと思います♪

※ワークやセミナーでは感想などをお聞きする場面がありますが、無理にコメントする必要はありません。(パスできます。)

【日時】4月22日(金)19時00分~21時00分
(18時30分開場)
【アフターキャンパス(試行)】終了後~21時45分
キャンパスの後、お時間の許す方で意見交換する場として試行します。
学びの余韻が残る中、お茶でも飲みながら学びを深化させてみませんか。
【会場】 旭川市民活動センターCocode 2階研修室
【参加費】500円
【定員】25名
【申込締切】4月21日(木)
【申込み方法】
①office@can-net.jpへメール、②Facebookイベントページで参加申し込み、③ホームページからお申し込み
http://www.facebook.com/events/1049642051771544/
***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***☆***
CAN netでは、「がん・病気」の事前学習として、社会人が楽しく生きるために必要な知識や心構えを学ぶ『キャンパス(CAN path)』を定期開催しております。大学のキャンパスのように学びたい人たちが集い、がん・病気になっても「できる(CAN)」につながる「道(path)」になるようにという想いを込めています。この『キャンパス』では、医療者でも医療者でなくても、病気を経験した人もまだ経験していない人もがフラットに集えるサードプレイスとして、『がん・病気になっても自分らしく生きられる社会』をつくっていくことをねらいとしています。

「がん・病気」の事前学習として、①体のこと、②心のこと、③社会的なこと、④生き方のことについて、みんなで知恵や経験を持ち寄ってそれぞれ学びを深めています。その中から今回は、4生き方のことに関するテーマから【認知症にやさしい地域づくり】です。

『キャンパス』で得られる3つのもの
(1)学び(サードプレイスでの“越境学習”)
(2)仲間(想いをもち、多様な経験・スキルをもつ仲間)
(3)アクション(職場ではできないことにチャレンジする機会)

病気を経験した方へ。
あなたの経験がみんなの役に立ちます。
専門的な知識が知りたい方へ。
専門家の方から知識を得ることができます。
医療関係者の方へ。
普段とは異なるフィールドの話が聞けます。
これまで病気とは無縁だった方へ。
病気はライフステージのひとつです。あなたが学ぶことが、あなたと周囲の人たちの将来への備えになります。

※ワークやセミナーでは感想などをお聞きする場面がありますが、無理にコメントする必要はありません。(パスできます。)

※営利目的の方や、宗教・ネットワークビジネスなどの勧誘目的の方、人の話が聞けずに自らの価値観を押し付ける方の参加は、固くお断りしています。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。 .

PAGE TOP